2009年01月29日

ホームページのメール送信タグあれこれ

ホームページに押したらメール画面が開くようなリンクを貼りたいときってありますね。
そんなときに便利な情報をまとめてあった英語のサイトがあったので翻訳してご紹介。

1. あて先を指定する。


基本形です。
<a href="mailto:hoge@hoge.jp"></a>

2. あて先を複数指定する。

複数指定もコンマで区切ることで可能。
<a href="mailto:hoge@hoge.jp,hoge2@hoge.jp"></a>

3. CC,BCCを絡めてあて先を複数指定する。

クエリをつけることでこのような複雑な指定もできるんですね。
<a href="mailto:hoge@hoge.jp?cc=hoge2@hoge.jp&bcc=hoge3@hoge.jp">

4. メールの件名を指定する


同じくクエリをつけることで指定しています。
</a><a href="mailto:hoge@hoge.jp?subject=hogehoge"></a>
日本語を使う場合はsubject="~~~"の~~~部をURLエンコードする必要があるので注意。

5. 件名と同時に本文も指定する。

<a href="mailto:hoge@hoge.jp?subject=hoge&body=hoge"></a>
日本語使うときはURLエンコードが必要なのは同様です。


URLエンコードしてくれる便利ツールも合わせておいておきます。
こちら

※注意
こういう感じで自分のメールアドレスを公開しているとやがて迷惑メールが届くようになります。
迷惑メールは困るという方はこの方法を使用せず、画像にてメールアドレスを置いておくなどするのが良いようです。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
よかったら押してください。押してくださる方に感謝です。face06



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。